鹿児島のかわいい絶品かき氷「白熊」を食べよう!白熊発祥の店「天文館むじゃき」
POPJAPAN

鹿児島のかわいい絶品かき氷「白熊」を食べよう!白熊発祥の店「天文館むじゃき」

鹿児島でスイーツを食べるなら、「白熊」! たっぷりのフルーツと特製のミルクシロップがかかった、大人気のかき氷です。鹿児島の中心部にある白熊発祥の店「天文館むじゃき」で、そのおいしさの秘密を探りました。

白熊とは?

みなさんは、「白熊(しろくま)」というスイーツをご存じですか?

白熊とは、削りたての氷に練乳をかけて、フルーツや豆類をふんだんに乗せたかき氷のこと。ミルクをベースにしたシロップと、フルーツのさっぱりとした味わいがくせになります。

今では日本全国で食べられているスイーツですが、そのルーツは鹿児島にあります。今回は、白熊発祥の店である「天文館むじゃき」で、本場の味を味わってみましょう!

白熊発祥の店「天文館むじゃき」

白熊を最初に考案し、商品化した店が、こちらの「天文館むじゃき」。飲食店やショップが立ち並ぶ鹿児島のメインストリート「天文館(てんもんかん)」の中にあります。

取材に伺ったのは、平日の開店時間11:00の直後。にもかかわらず行列ができており、人気の高さをうかがわせます。

世界中から観光客が訪れ、賑わいを見せています。みなさんのお目当ては、もちろん……。

白熊とは、どんなスイーツ?

こちらの、白熊! レギュラーサイズで高さ約16センチ、直径14.5センチメートルあり、ボリュームたっぷりです。

ふんわりとした氷の上に、さっぱりとしたミルクベースのシロップをたっぷりとかけ、季節のフルーツをふんだんに盛りつけています。

見た目が、「白熊」

白熊が考案されたのは、1947年。当時はシンプルなかき氷でしたが、彩りを加えるためにチェリー、レーズンなどの果物をトッピング。上から見ると、白熊のように見えたので、その名前がつきました。

上から見ると、実際の動物の白熊を思わせる、かわいらしい顔。思わず笑顔になってしまいます。

レシピはトップシークレット

外だけでなく、氷の中にもフルーツがたくさん入っています。考案された当時からトッピングも豪華になり、季節のフルーツがたくさん盛りつけられるようになりました。

シロップも、この店の白熊でしか味わえない独特の味わい。考案当初は練乳をかけていましたが、改良を重ねて、「天文館むじゃき」オリジナルのさっぱりとしたミルクに仕上げられました。その味を守るため、創業者と、その子どもにしか伝えないという、門外不出の味なのです。

雪のような柔らかさの氷は、機械に頼らず、1つ1つ手動で削っています。季節によって氷の溶け方が変わるため、微妙に削り方を変えているのだそう。技術を要するため、専門のスタッフが削っています。

中身も楽しめる!

中には、鹿児島の名産・さつまいもを使ったお菓子や、豆も入っています。食べるごとに新しい味に出会えて、飽きることがありません。かなりのボリュームですが、あっという間に食べてしまいました。

白熊は、レギュラーサイズで税込720円、少し小さいベビーサイズで税込510円(下記、特に記載がない場合はすべて同じ料金)。

ほかのかき氷もオススメ!

定番以外の白熊も

Picture courtesy of 天文館むじゃき

「天文館むじゃき」では、定番の「白熊」だけでなく、異なるフレーバーの白熊やかき氷など、全15種類のメニューがあります。

写真は、「ストロベリー白熊」。いちごとミルク、合わないはずがありません。いちごの果肉入りソースが上にかかり、甘酸っぱさがやみつきになります。

ほかにもチョコレートソースをたっぷりかけた「チョコレート白熊」、手作り焼きプリンが乗った「プリン白熊」(税込825円)などいろんな白熊があるので、何人かで訪れた際は違う白熊を頼んでシェアするのもいいですね!

白熊以外の人気かき氷

海外の観光客に人気なのは、「宇治金時(うじきんとき)」。宇治金時とは、京都の宇治でとれた抹茶に、あずきをかけたかき氷のこと。これは白熊ではありませんが、日本の味が気軽に味わえる一品です。

白熊ではないかき氷もバリエーション豊富で、「焼酎みぞれ」(税込660円)は、なんと鹿児島の名物・芋焼酎から作ったオリジナルシロップがかかっています。お酒好きにはたまらない、新感覚のかき氷です。

時間がなければテイクアウトも

もし行列ができていたり、時間に余裕がない場合は、店頭でテイクアウトもできますよ!

テイクアウトは少し小さめのハンディサイズ(税込450円)と、テイクアウトカップの白熊が用意されています。白熊片手に、鹿児島の街を散歩するのもいいですね。

今回お邪魔したのは、天文館むじゃきの1F「白熊菓琲 shirokuma cafe」。

こちらのビルはすべて天文館むじゃきの店舗で、地下階では鉄板焼き、2Fでは洋食、4Fは鹿児島のローカルフードを楽しめる居酒屋となっています。小腹がすいたら、食事も楽しめますよ。

最後に白熊と記念撮影!

帰りには、入り口前の白熊と記念撮影! 常に混雑しているので、開店直後などの時間帯に行くのがオススメです。

鹿児島観光で絶対外せないスイーツ「白熊」を、ぜひ味わってみてください。

日本の観光情報をもっと知りたい方は、「MATCHA」をご覧ください!



PopDaily APP公開!


もっと見る
おすすめ記事