【香川】日本最高の夕日スポット!瀬戸内海・父母ヶ浜の5つの楽しみ方
POPJAPAN

【香川】日本最高の夕日スポット!瀬戸内海・父母ヶ浜の5つの楽しみ方

香川県西部の三豊市にある父母ヶ浜は、日本最高級の夕日が楽しめる絶景スポットとして人気です。でも、ここでできるのは絶景写真の撮影だけではありません。シーカヤックができるスポットや、地元グルメが楽しめるカフェ、素敵なゲストハウスとおみやげ店もありますよ!

日本最高の夕日スポット、香川県の父母ヶ浜とは?

Picture coutesy of 三豊市
香川県西部の三豊(みとよ)市にある父母ヶ浜(ちちぶがはま)は、2016年以降、SNSを通して人気となった絶景スポット。特に夕方、美しい景観が見られることから、日本の大手旅行誌で2018年に「行ってみたい夕日絶景ランキング」第1位に選ばれました。

この絶景の秘密は、干潮時に砂浜にできる潮だまりにあります。風が弱い日は、潮だまりの水が鏡のようになり、空を美しく映し出します。

潮だまりは岩場にできる場合が多いですが、父母ヶ浜では砂浜に大きな潮だまりができます。こうした特殊性が、奇跡の絶景を生み出しているのです。

絶景写真からグルメ、アクティビティ、おみやげまで楽しめる!

こうした絶景を眺めながら、のんびりするのも素敵ですよね。でも、もっとアクティブに楽しみたい人に、ここでは5つの楽しみ方を紹介します!

父母ヶ浜の楽しみ方① 夕日を背景に絶景写真を撮ろう!

お手持ちのスマホでも、父母ヶ浜では絶景写真を撮れますよ! 行く日は、できれば風が弱い日を選びましょう。時間帯は、日没の30分前~30分後がオススメ。この辺りが干潮と重なり、美しい景観が見られます。

Picture coutesy of 三豊市
写真のモデルになる方は、潮だまりの向こう側の砂浜に立ってポーズを取ってみてください。カメラは潮だまりの手前から、水面ギリギリに構えるのがオススメです。こうすると、後ろから差す夕日との兼ね合いで、美しい写真が撮れますよ。

三豊市観光交流局の公式HPでは、英語、繁体字、簡体字、韓国語で父母ヶ浜の撮影方法や見ごろのタイミングを紹介しています。詳細はこちらをチェックしてみてください。

Picture coutesy of 三豊市
父母ヶ浜では、傘や看板といった小道具を使うと、より面白い写真を撮れます。ユニークな絶景写真を撮りたい人は、小道具を持って行ってみてくださいね!

父母ヶ浜の楽しみ方② 三豊グルメを堪能しよう!

父母ヶ浜がある三豊(みとよ)市は、山と海に囲まれ、絶品のフルーツや野菜、魚介類が楽しめるグルメスポットです。

三豊グルメを楽しむのにオススメなのは、父母ヶ浜から徒歩5分で行ける「cafe de flots」。

建物の外観は工場のように無骨ですが、内装はオシャレな木造りとなっており、2004年のオープン以来、人気ランチスポットになっています。

Picture coutesy of cafe de flots(左下の写真のみMATCHA撮影)
「cafe de flots」のユニークなこだわりは、塩。「地元ならではの味」を追究する中で、オーナーは、父母ヶ浜周辺の海水から自ら塩を精製。料理に活用するようになったということです。

主なランチメニューは、地元産野菜を使ったハンバーグやパスタ、カレーライスです。どの料理にも、この自家製の塩が使われているので、海の魅力を、目だけでなく舌でも味わえますよ!

父母ヶ浜のそばには、かき氷専門店KAKIGORI CAFE ひむろ」もあります。「かき氷 高瀬緑茶」や「かき氷 仁尾レモン」(季節限定)など、地元の農産物を使ったかき氷は、絶品の一言。オシャレで涼しげな店内も、父母ヶ浜の美しい海にマッチしています。

このほか、父母ヶ浜には、ハンバーガーショップ「BAKE STUDIO OKAZAKI」や、地元産品を使ったサンドイッチやフレッシュジュースが楽しめるテイクアウト店「hand in hand」など、さまざまなお店があります。

その日の気分に合わせて、行くお店を検討してみてくださいね。

父母ヶ浜の楽しみ方③ ゲストハウスで昼と夜を満喫しよう!

Picture coutesy of 瀬戸内ゲストハウス タイヨウとうみ
父母ヶ浜から徒歩20分ほど離れた場所には、訪日観光客にも人気のゲストハウス「瀬戸内ゲストハウス タイヨウとうみ」があります。

ここでは、宿泊客に自転車を貸し出してくれます。お昼に父母ヶ浜に着いたら、まずチェックインして荷物を置き、自転車で辺りを周遊してみましょう。

Picture coutesy of 瀬戸内ゲストハウス タイヨウとうみ
父母ヶ浜の近くには、江戸時代の街並みが残っているスポットや、絶景が楽しめるハイキング道など、多くの見どころがあります。

「タイヨウとうみ」のオーナーは、この地を愛し移住してきたご夫婦。さまざまなオススメスポットを教えてくれますよ。

Picture coutesy of 瀬戸内ゲストハウス タイヨウとうみ
「タイヨウとうみ」では、地元産の農産物を使ったおいしい食事を提供しています。夕日を眺めた後は、オーナーの温かい手料理に舌鼓を打ち、夜は、波音を聞きながら静かに過ごす。

きっと、忘れられない一日になるでしょう。

父母ヶ浜の楽しみ方④ シーカヤックで無人島に渡ろう!

Picture coutesy of Free Cloud
せっかく海まで来たのだから、マリンスポーツを楽しんでみませんか?

父母ヶ浜近くのアウトドア・ツアーショップ「Free Cloud」では、シーカヤックやSUP(Stand Up Paddleboarding)、サイクリングなどの体験プログラムを提供しています。

父母ヶ浜の沖合には、シーカヤックを使うと片道30分程度で行ける無人島、蔦島(つたじま)があります。瀬戸内海の美しい海を漕ぎ進んで静かな無人島にたどり着き、「Free Cloud」ガイドが淹れてくれるコーヒーを飲む。

他では得られない、思い出に残る味となるでしょう。

Picture coutesy of Free Cloud
夏には、夕日の時間帯にシーカヤックやSUPを楽しめるプログラムも提供されています。海の上から見る夕日は、浜から見る夕日とは異なる魅力にあふれていますよ。

「Free Cloud」の体験プログラムは事前予約が必要です。HPから予約しましょう。

「Free Cloud」オフィスは、JR詫間(たくま)駅から乗れるバス「高瀬仁尾線」のバス停「家の浦」から徒歩で行けます。詫間駅からは、8:49、11:49にバスが出ており、「家の浦」までは37分かかります。

ただし、交通に不安のある方は、予約時に相談してみてください。少人数であれば、JR詫間駅から送迎してもらえる場合もあります。

なお、レンタカーで行く場合は、「Free Cloud」のすぐそばにある「Sun Cafe」敷地内の駐車場に車を止めることができます。

父母ヶ浜の楽しみ方⑤ 地元のおみやげを探そう!

せっかく父母ヶ浜に来たら、このすばらしい場所の思い出を持って帰りたいですよね。

父母ヶ浜に来た際のおみやげ購入にオススメなのが、「Lollo Rossa」。

父母ヶ浜がある三豊市は、レモンやミカンの名産地です。「Lollo Rossa」では、潮風に吹かれながら太陽のエネルギーをたっぷり吸収した、絶品レモンで作った商品を販売しています。

通常、スーパーマーケットで販売されているのは、完熟前で、かつ皮に腐敗防止の薬品を塗ったレモンです。

しかし、自らレモンを栽培している「Lollo Rossa」では、そうした薬品を使わず、かつもっともおいしい完熟状態のレモンを使った加工品を作っています。特に人気なのは、レモンを使ったお酒「リモンチェッロ」や、マーマレード、レモンピールなど。

なお、重たいおみやげを自国に持ち帰るのが難しい方は、高松空港2Fにあるヤマト運輸の国際便といったサービスも活用してくださいね。

「Lollo Rossa」は、父母ヶ浜から2.7キロほど山側の道を進んだ先にあります。レンタカーで来た人は、車で行くことをオススメします。

ただ、父母ヶ浜から「Lollo Rossa」までの道沿いからは、山と海の絶景を楽しむことができます。体力のある人は、歩いてみてもいいかもしれません。

入り口が多少分かりづらいですが、写真にあるトンネル前の右側の道を入ればすぐですよ。

父母ヶ浜へのアクセスと交通

父母ヶ浜へ行く場合、JR詫間(たくま)駅からバス・タクシーで行く方法と、レンタカーを使う方法があります。

バスによる父母ヶ浜へのアクセス

バスで行く場合、JR詫間駅から「仁尾線」に乗りましょう。月~土曜に7:20、9:50、13:00、15:04、17:40、19:20の1日6便が出ています(2019年5月現在)。日曜日と祝日は便がないので、注意してくださいね。

詫間駅から約24分乗り、バス停「父母ヶ浜」で下車しましょう。料金は100円です。父母ヶ浜から詫間駅に戻るバスの最終便は18:49です。日帰りの人は逃さないよう気を付けてくださいね。

タクシーによる父母ヶ浜へのアクセス

タクシーは、詫間駅を出て右側のロータリーに止まっています。父母が浜までは、片道約2,200円で行くことができます。

レンタカーによる父母ヶ浜へのアクセス

香川旅行の玄関口、高松空港では、多言語による予約サービスに対応した平成レンタカーをはじめ、さまざまな企業のレンタカーを借りることができます。空港から父母ヶ浜までは、1時間程度です。

JR詫間駅でレンタカーを借りる場合、日本語のみの対応となる可能性がありますが、OPEN Air Rental Carsもサービスを提供しています。

レンタカーを使う際の注意事項については、MATCHA記事もチェックください。また、三豊市内では英語や中国語といった言語に対応していないスポットもあります。必要に応じて、日本旅行に役立つ日本語フレーズに関するMATCHA記事も参照ください。

日本の観光情報をもっと知りたい方は、「MATCHA」をご覧ください!



PopDaily APP公開!


もっと見る
おすすめ記事